2010年1月 2日 (土)

シャープの新工場が稼動

シャープは大阪府堺市の新工場「グリーンロフト堺」において、2010年10月にも月産72,000枚の液晶パネル生産を行う計画を明らかにしました。

同工場の全敷地面積は、東京ドーム約28個分にあたる約127万㎡と、亀山モデルで有名になった亀山工場の約4倍の広さとなる。

同工場は、畳5畳分にあたる第10世代のマザーガラスを使用した液晶パネルを生産し、40型液晶テレビ用のパネルが18枚切り出せるなど効率性の高さが特徴だ。

2009年10月から稼動しており、12月には月産36,000枚体制としていた。

すでに年末商戦向けの一部液晶テレビ製品に堺生産のパネルが使用されており、2010年10月のフル稼働時には、40型液晶テレビ換算で年間1560万台のパネルを供給できるという。また、2010年3月までに、薄膜太陽電池の工場を稼動させる見込みになっている。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

パソコンの出荷台数が大幅にアップ

社団法人電子情報技術産業協会(Japan Electonics and Information Technology Industries Association=以下JEITA)は、2009年10月の国内パソコン出荷台数実績が、前年同月比21.5%増の716,000台になったと発表した。

2009年9月の集計でも前年同月比2.2%増となったが、10月はそれを大きく上回る伸び率となった。

デスクトップパソコンは2.5%減の196,000台と前年実績を下回ったが、ノートパソコンは34%増の519,000台と大幅な伸び率となった。

JEITA統計はパソコンメーカーの自主統計で、統計参加企業数によって伸び率が増減する傾向にあるが、参加企業数が同じ13社となる2008年4月以降の集計のなかではもっとも高い伸び率となった。

伸び率上昇の最大の理由は、2009年10月22日に Windows 7 が発売されたことにある。

マイクロソフト社では、2009年10月~12月のパッケージ版の販売数量が、前年同期比の7倍近くに達するのではないかとの見通しを示している。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年8月25日 (火)

FDDの歴史に幕の兆し

1980年代前半から四半世紀利用され続けたFDD(フロッピー・ディスク・ドライブ)が間もなく終焉を迎えようとしている。

現在、FDDを製造しているティアック社が、2010年4月に生産を終了するほか、他の主要メーカーも生産撤退を検討している。

登場した当時は、パソコンで扱うデータのサイズも小さく、多くのデータが保存できたFDだが、データ大容量化の時代に1.4MBの容量は実用的ではなくなってしまった。

消え行くメディアとは思われていたが、実際にニュースになるとはさびしいところだ。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

「超字幕」シリーズが誕生

ソースネクスト社は、パラマウント・デジタル・エンターテインメント(以下、パラマウント社)との業務提携により、まったく新しい英語学習ソフト「超字幕」シリーズを発売されています。

同シリーズは、パラマウント社ドリームワークスアニメーションSKG社の映画作品を教材として使用し、映画を楽しみながら生きた英語が学習できるというもの。

映画の一部ではなく本編すべてを収録しているのが特徴で、DVDビデオと同じような感覚で作品を鑑賞することも可能だ。

2009年6月19日、第一弾として、「フォレスト・ガンプ 一期一会」「ゴットファーザー」「ミッション:インポッシブル」シリーズなどをはじめ、パラマウント社作品を順次リリースしていくという。

また、パッケージ版だけでなく、専用サイト「超字幕・com」でのダウントーロード販売も行う予定だ。年内には、100タイトル100万本の販売を目指すという。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年7月 8日 (水)

MARプログラムがスタート

マイクロソフト社は、中古・再生パソコンにおいて、正規 Windows オペレーテングシステム(以下OS)のライセンスを最提供する「Microsoft Authorized Refurbisher プログラム(MARプログラム)」を発表しました。

このプログラムは、認定された再生パソコン事業者に対して、Windows OS のセカンダリライセンスを提供し、これをインストールして中古パソコンとして再販するというもの。

参加するのは、現在のところ、ソフマップ、パシフィックネット、ユマダ電機など9社。

マイクロソフト社によると、「年間159万台の中古パソコンが流通しているが、そのうち OS などが搭載されていないものが約7割。パッケージ OS を購入する手間やコスト増、リスクなどを認識せずに、非正規品や偽造品を購入し、マルウェア、ボットが混入するという例もあり、こうした問題を回避できる」としている。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年6月 3日 (水)

富士通のHDD事業、東芝が完全子会社化へ

東芝と富士通は、HDD事業の譲渡について、最終契約を結んだと発表した。

2009年7月1日をメドに、富士通から東芝へ同事業の譲渡を完了するという。

東芝は、富士通のHDD事業を継承する新会社として東芝ストレージデバイスを設立し、80.1%の株式を富士通から取得する。また、2010年末までに残りの19.9%を取得し、東芝の100%子会社とする予定だ。

譲渡金額は約300億円になる。これに伴い、国内で約800名、海外で約7000名が、富士通から東芝へ移動することになる。

東芝は、これまで特化してきた小型HDD分野だけでなく、富士通が手がけてきたエンタープライズ向けHDDに商品分野を広げるとともに、サーバー向け高性能SSD事業にも参入する考え。

また富士通は、昭和電工にHDメディア事業を譲渡することも正式発表。譲渡した事業は昭和電工HD山形として事業が継続される。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

Vista普及率は23%

Jストリームが30サイトを対象にアクセスユーザーの利用環境を調査した結果によると、Windows Vista の普及率は23%に留まっていることがわかった。

一方で、Windows XP の普及率は67%となっており、主流OSは依然として Windows XP であることもわかった。エアロなど、画期的ともいえる変革を果たしたWindows Vistaだが、機能的にユーザーがさほど不満を感じないWindows XP が依然として主流となっている。

Mac OS は6%となっている。

また、ブラウザソフトでは Internet Explorer 7.0 が42%、Internet Explorer 6.0 が23%、Internet Explorer 8.0 が1%と、3分の2のユーザーが Internet Explorer を利用。Firefox は18%だった。

また、Flashは6以上のバージョンが普及率99%と、ほぼ全てのパソコンでFlashを活用した動画を視聴できるうえ、リッチコンテンツ利用に最適なFlash10の普及率は58%となった。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2008年12月24日 (水)

ミニノートパソコンがシェア25%

IDC Japan 社が発表した2008年第3四半期(7~9月)国内パソコン出荷速報によると、出荷台数は前年同期比6.1%増の363万台で、2007年第4四半期から4期連続でのプラス成長であったことがわかった。

家庭市場は前年同期比31.6%増と大幅に成長し、2001年以降で最大。低価格パソコンが、家庭向けノートパソコン市場の約25%を占めたことが影響したと分析。

一方、ビジネス市場は前年同期比7.6%減のマイナス成長であったこともわかった。

為替変動、原油および原材料費の高騰、サブプライム問題を契機にした信用収縮の拡大を背景に、企業におけるパソコンの発注が抑制されたのが要因と分析。

メーカー別の出荷台数では、NEC、富士通、デルの順。いずれも前年同期比マイナス成長となった。デルが東芝をややリードしたり、HP(ヒューレット・パッカード)が東芝に迫ったりと、3位以下のシェア争いは熾烈な状況だ。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

「メイプルストーリー」が「WebMoney Award 2008」のグランプリに

「“USER's VOICE” for Internet Life 」をコンセプトに、ユーザー自身の一般投票によって今年最も愛されたオンラインゲームを選出するオンラインゲームの祭典「 WebMoney Award 」が、(株)ウェブマネー社により開催されました。

「WebMoney Award 2008」でグランプリを獲得したのは 、(株)ネクソンジャパンが運営するMMORPG「メイプルストーリー」。11月20日から12月8日まで投票受付が行なわれ、有効投票数115,499票という過去最高の投票数を記録した。

秋葉原 UDX で開催された表彰式には、プレゼンターとしてタレントの加藤夏希さんも登場しました。

Best Games 賞は以下が獲得、「@games」(ジークレスト)、「アラド戦記」(NHN Japan)、「サドンアタック」(ゲームヤロウ)、「スカッとゴルフ パンヤ」(ゲームポット)、「スペシャルフォース」(NHN Japan)、「777タウン.net」(サミーネットワークス)、「大航海時代 Online」(コーエー)、「テイルズウィーバー」(ネクソンジャパン)、「トキメキファンタジー ラテール」(ゲームポット)、「ハンゲーム」(NHN Japan)、「ファンタジーアース ゼロ」(ゲームポット)、「Master of Epic」(ゴンゾロッソ)、「マビノギ」(ネクソンジャパン)、「メイプルストーリー」(ネクソンジャパン)、「モンスターハンター フロンティア オンライン」(カプコン)、「ラグナロクオンライン」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)、「リネージュ II」(エヌ・シー・ジャパン)、「Livly Island」(ソネットエンタテインメント)、「ルーセントハート」(ガマニアデジタルエンターテインメント)、「RED STONE」(ゲームオン)。

Best Rookie賞は、(株)ガマニアデジタルエンターテインメントの「ルーセントハート」が獲得しました。

また、特別賞は、「アメーバブログ」(サイバーエージェント)、「ニコニコ動画」(ドワンゴ) が獲得しました。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

マイクロソフト社が WinHEC 2008 Tokyo を開催

2008年12月16日、マイクロソフト社は、開発者向けのイベント「WinHEC 2008 Tokyo」にて、開発中の「 Windows 7 」を公開しました。

低負荷時にCPU使用率を低くする機能が Windows Vista から向上するなど、エコを意識した OS となっている。

注目はデバイス機器との連携。Windows Vista では95%の機器をそのまま認識できるが、そのすべてを Windows 7 でも動かすと名言。しかし Windows 7 では、機器を接続した時に表示されるアイコンが、機器そのもののビジュアルになるという。これで、接続した USB メモリーがどのリムーバブルディスクなのか迷うこともなくなるはず。

更に、プリンターやスキャナーなど複数の機能をもつ複合機では、使う機能ごとにソフトもバラバラだったりするが、それをひとつにまとめて表示する「デバイスステージ」機能を新たに搭載すなどし、使い勝手が向上しそうだ。

同社によると、Windows 7 は、2009年初頭にベータ版をダウンロードにて公開予定とのこと。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

より以前の記事一覧