2009年6月25日 (木)

モバイルWiMAX、正式サービス提供間近

ネットブック(インターネット関連のサービスを利用するために特化された、小型、シンプル、低価格なノートパソコンの総称)の大ヒットにより、移動体通信サービスの需要が増えたこともあり、「モバイルWiMAX(モバイル・ワイマックス)」が注目されていますが、2009年7月1日の正式サービス提供が間近になっています。

モバイルWiMAX(モバイル・ワイマックス= mobile worldwide interoperability for microwave access)は、モバイルノートパソコンをはじめとしたデジタル機器をインターネットに接続するための移動体通信サービス。

国内では、UQコミュニケーションズ社が、2009年2月26日に、東京23区、横浜市、川崎市の一部で先行サービスを開始したことで注目されました。

これまでは、ウィルコム社、イー・モバイル社、NTTドコモ社などは、携帯電話やPHS回線を利用したサービスが主流ですが、これらに対し、モバイルWiMAXでは「IEEE802.16e」という新しい通信規格を利用してサービス提供をします。

最大の魅力は、下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsという通信速度。既存のサービスの通信速度の、下り最大7.2Mbps、上り最大5.8Mbpsと比べると、大幅に上回っている。

しかし、各種IT関連雑誌編集部の独自検証結果が各誌に掲載されているように、上下最大通信速度は、あくまで理論値であり、環境に大きく左右されるのが現実。上りの平均速度が1Mbps程度のようであるが、既存の移動体通信に新たなサービスが追加されたと考えれば、選択の幅が広がり歓迎すべきであると思います。

ただし、利用可能エリアがかなり限定されている点と、利用できる国内ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)も非常に限定されている点が難点で、ISPの多くはモバイルWiMAXの普及を静観していることは否めない。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年6月21日 (日)

スノーレパードの概要発表

2009年6月8日、アメリカのサンフランシスコにおいて、アップル社の開発者会議「WWDS09」にて、新Mac OS X 「スノーレパード」の概要が発表された。

発売は9月、一般向けは129ドルであるが、アップグレード版がわずか29ドルと明かされるや、会場がどよめいた。

アップル社自身が「ベターなレパード」と表現するとおり、アイコンの描画やゴミ箱を空にする処理など、体感速度を向上させる改良が中心。

尚、新たにメールやスケジューラーなどがマイクロソフト社のエクスチェンジ対応になったのも見逃せない。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年6月 4日 (木)

新無線規格の策定開始

2009年5月7日、インテル、マイクロソフト、LG電子、NEC、ノキア、サムスン電子、パナソニック、デル、ブロードコム、アセロス・コミュニケーションズなど15社は、新無線規格『WiGig (Wireless Gigabit Alliance)』を発足しました。

60GHz帯を利用した無線通信技術の規格策定に取り組んでいくというもの。60GHz帯の通信はミリ波と呼ばれ、他の無線通信方式に比べ通信可能な距離は短いものの、フルHD映像のストリーミングが可能な程の大容量・高速通信が特長であり、また直進性が高く指向性にも優れているのが特徴。

発表された技術では、約6Gbpsという高速通信環境の実現が目標に掲げられており、現行の無線LAN規格に比べて、10倍以上の速度を目指すという。

家庭内など短距離の利用が想定されたもので、現行の無線規格よりはるかに高速な通信が可能な規格であるため、ハイディフィニッション映像の送受信などに利用されるとみられる。

参加企業には、2009年第4四半期をメドに仕様が公開される予定で、早ければ2010年中にも同規格を搭載した機器が製品化されることになる見込みだ。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年5月29日 (金)

USB3.0カンファレンス開催

2009年5月20日、東京都内において、USB3.0のデベロッパーカンファレンスが開催されました。

最高転送速度480MbpsのUSB2.0に対して、USB3.0は10倍以上も速い約5Gbps。

2008年11月に仕様が確定し、ついに試作機も登場した。

当初、製品化は10年後の予定だったが、前倒しの可能性もあるとのこと。

デモンストレーションでは、1.6Gbpsの転送速度を出しており、高速タイプのSSDでも遅滞なく転送できる速度だったとのこと。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2008年8月 8日 (金)

イメージしただけで入力が可能に

権威ある科学雑誌 Science (サイエンス) 2008年5月30日号に、カーネギーメロン大学研究チーム(アメリカ)が、特定の言葉を思い浮かべた時の人間の脳をスキャンし、コンピュータでその言葉を判定することに成功したことを発表したことが掲載され、注目を集めています。

研究チームによると、核磁気共鳴を利用し、脳の血流動態反応を視覚化する「fMRI」を用い、被験者に58種類の単語を思い浮かべてもらい、脳の活動画像をコンピュータにデータベース化した。その後、各単語に対する平均的画像パターンを作り、コンピュータが判別できるように調整したという。

ただし、まだ判断できるのは単語のみで、加えて「fMRI」で測定するには、被験者に数分間じっとしていてもらい、しかも、その言葉にのみ集中してもらう必要があるなど、効率面での課題はつきないという。

実用化には、まだまだ時間がかかりそうだが、脳科学関連の研究として大きなステップが記されたことになり、頭の中で文章を重い浮かべただけで文字入力できるようになるのは案外そう遠くないことかもしれない。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2008年6月27日 (金)

新しい水冷システム

パソコンのCPUを冷却する水冷システムといえば、冷水が通ったヒートシンク(稼動時に発熱が大きい素子につけられる放熱用部品)をCPUにあてて冷やすというのが一般的でしたが、IBM社のチューリッヒ研究所が考えた水冷は、もっと直接的で、CPU内の熱源に直接水をあてようというもの。

CPU内部に髪の毛ほどの太さのパイプを通し、水を流して直接CPUを冷却する仕組み。パイプ数は1平方センチあたり1万本で、高度な微細成形技術が必要となる。

IBM社は、10年後に実用化を目指しているという。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2008年3月 5日 (水)

オキシライドを超えた新型乾電池エボルタ

松下電器産業は、新型アルカリ乾電池「エボルタ(EVOLTA)」を2008年4月26日発売を予定しています。

アルカリ乾電池の約1.5倍の寿命をうたったオキシライド乾電池が2004年に発売されたが、その独自技術をフィードバックし、電池の構造・材料・工法のすべてに新テクノロジーが投入されて製品が新型アルカリ乾電池「エボルタ(EVOLTA)」。

同社によると、「エボルタ(EVOLTA)」は大・中・小のあらゆる電池領域において高い性能を発揮し、総合的にオキシライド乾電池を上回っているという。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2008年1月30日 (水)

IT遠隔ハウス野菜栽培システム

アニックスプランツワークス社は、「IT遠隔ハウス野菜栽培システム」を開発しました。

「IT遠隔ハウス野菜栽培システム」は、遠隔操作で、ビニールハウス内の作物の水やり、日照量、温度、湿度の調整などができ、室内の様子もカメラで監視できる管理システム。

緑と最先端テクノロジーを融合させた製品である。

遠隔操作パネルには、ハウス内外の温度、湿度、風力、気圧などのデータが表示され、気象観測用の利用にも使えるのではと期待されている。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>