« パソコンの出荷台数が大幅にアップ | トップページ

2010年1月 2日 (土)

シャープの新工場が稼動

シャープは大阪府堺市の新工場「グリーンロフト堺」において、2010年10月にも月産72,000枚の液晶パネル生産を行う計画を明らかにしました。

同工場の全敷地面積は、東京ドーム約28個分にあたる約127万㎡と、亀山モデルで有名になった亀山工場の約4倍の広さとなる。

同工場は、畳5畳分にあたる第10世代のマザーガラスを使用した液晶パネルを生産し、40型液晶テレビ用のパネルが18枚切り出せるなど効率性の高さが特徴だ。

2009年10月から稼動しており、12月には月産36,000枚体制としていた。

すでに年末商戦向けの一部液晶テレビ製品に堺生産のパネルが使用されており、2010年10月のフル稼働時には、40型液晶テレビ換算で年間1560万台のパネルを供給できるという。また、2010年3月までに、薄膜太陽電池の工場を稼動させる見込みになっている。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« パソコンの出荷台数が大幅にアップ | トップページ