« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月25日 (木)

モバイルWiMAX、正式サービス提供間近

ネットブック(インターネット関連のサービスを利用するために特化された、小型、シンプル、低価格なノートパソコンの総称)の大ヒットにより、移動体通信サービスの需要が増えたこともあり、「モバイルWiMAX(モバイル・ワイマックス)」が注目されていますが、2009年7月1日の正式サービス提供が間近になっています。

モバイルWiMAX(モバイル・ワイマックス= mobile worldwide interoperability for microwave access)は、モバイルノートパソコンをはじめとしたデジタル機器をインターネットに接続するための移動体通信サービス。

国内では、UQコミュニケーションズ社が、2009年2月26日に、東京23区、横浜市、川崎市の一部で先行サービスを開始したことで注目されました。

これまでは、ウィルコム社、イー・モバイル社、NTTドコモ社などは、携帯電話やPHS回線を利用したサービスが主流ですが、これらに対し、モバイルWiMAXでは「IEEE802.16e」という新しい通信規格を利用してサービス提供をします。

最大の魅力は、下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsという通信速度。既存のサービスの通信速度の、下り最大7.2Mbps、上り最大5.8Mbpsと比べると、大幅に上回っている。

しかし、各種IT関連雑誌編集部の独自検証結果が各誌に掲載されているように、上下最大通信速度は、あくまで理論値であり、環境に大きく左右されるのが現実。上りの平均速度が1Mbps程度のようであるが、既存の移動体通信に新たなサービスが追加されたと考えれば、選択の幅が広がり歓迎すべきであると思います。

ただし、利用可能エリアがかなり限定されている点と、利用できる国内ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)も非常に限定されている点が難点で、ISPの多くはモバイルWiMAXの普及を静観していることは否めない。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年6月21日 (日)

スノーレパードの概要発表

2009年6月8日、アメリカのサンフランシスコにおいて、アップル社の開発者会議「WWDS09」にて、新Mac OS X 「スノーレパード」の概要が発表された。

発売は9月、一般向けは129ドルであるが、アップグレード版がわずか29ドルと明かされるや、会場がどよめいた。

アップル社自身が「ベターなレパード」と表現するとおり、アイコンの描画やゴミ箱を空にする処理など、体感速度を向上させる改良が中心。

尚、新たにメールやスケジューラーなどがマイクロソフト社のエクスチェンジ対応になったのも見逃せない。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年6月 4日 (木)

新無線規格の策定開始

2009年5月7日、インテル、マイクロソフト、LG電子、NEC、ノキア、サムスン電子、パナソニック、デル、ブロードコム、アセロス・コミュニケーションズなど15社は、新無線規格『WiGig (Wireless Gigabit Alliance)』を発足しました。

60GHz帯を利用した無線通信技術の規格策定に取り組んでいくというもの。60GHz帯の通信はミリ波と呼ばれ、他の無線通信方式に比べ通信可能な距離は短いものの、フルHD映像のストリーミングが可能な程の大容量・高速通信が特長であり、また直進性が高く指向性にも優れているのが特徴。

発表された技術では、約6Gbpsという高速通信環境の実現が目標に掲げられており、現行の無線LAN規格に比べて、10倍以上の速度を目指すという。

家庭内など短距離の利用が想定されたもので、現行の無線規格よりはるかに高速な通信が可能な規格であるため、ハイディフィニッション映像の送受信などに利用されるとみられる。

参加企業には、2009年第4四半期をメドに仕様が公開される予定で、早ければ2010年中にも同規格を搭載した機器が製品化されることになる見込みだ。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

2009年6月 3日 (水)

富士通のHDD事業、東芝が完全子会社化へ

東芝と富士通は、HDD事業の譲渡について、最終契約を結んだと発表した。

2009年7月1日をメドに、富士通から東芝へ同事業の譲渡を完了するという。

東芝は、富士通のHDD事業を継承する新会社として東芝ストレージデバイスを設立し、80.1%の株式を富士通から取得する。また、2010年末までに残りの19.9%を取得し、東芝の100%子会社とする予定だ。

譲渡金額は約300億円になる。これに伴い、国内で約800名、海外で約7000名が、富士通から東芝へ移動することになる。

東芝は、これまで特化してきた小型HDD分野だけでなく、富士通が手がけてきたエンタープライズ向けHDDに商品分野を広げるとともに、サーバー向け高性能SSD事業にも参入する考え。

また富士通は、昭和電工にHDメディア事業を譲渡することも正式発表。譲渡した事業は昭和電工HD山形として事業が継続される。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

Vista普及率は23%

Jストリームが30サイトを対象にアクセスユーザーの利用環境を調査した結果によると、Windows Vista の普及率は23%に留まっていることがわかった。

一方で、Windows XP の普及率は67%となっており、主流OSは依然として Windows XP であることもわかった。エアロなど、画期的ともいえる変革を果たしたWindows Vistaだが、機能的にユーザーがさほど不満を感じないWindows XP が依然として主流となっている。

Mac OS は6%となっている。

また、ブラウザソフトでは Internet Explorer 7.0 が42%、Internet Explorer 6.0 が23%、Internet Explorer 8.0 が1%と、3分の2のユーザーが Internet Explorer を利用。Firefox は18%だった。

また、Flashは6以上のバージョンが普及率99%と、ほぼ全てのパソコンでFlashを活用した動画を視聴できるうえ、リッチコンテンツ利用に最適なFlash10の普及率は58%となった。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »