« Intel Developer Forum Fall 2008 開催 | トップページ | ゲームソフト「SPORE」発売記念イベント開催 »

2008年10月 7日 (火)

マイクロソフト社が自作ゲームをオンラインで販売できるサービスを開始

マイクロソフト社は、ユーザーが製作したゲームをオンラインで販売できるサービス「Xbox LIVE コミュニティーゲーム」を発表しました。

ユーザーは自らが開発したゲームの価格を設定し、「Xbox LIVE マーケットプレス」を通じて販売することができ、その総売上額の70%を受け取れるというもの。

すでに北米にてベータサービスが行われているが、日本でのサービス開始は未定。

このサービスを利用するには、マイクロソフト社が無償提供するゲーム開発環境「XNA Game Studio」向けサービスのメンバーであることが必須。「Xbox LIVE マーケットプレス」を通じてメンバーシップを購入すれば、メンバーになることができる。

2008年秋に、北米と欧州の一部でサービスを開始する予定。2009年以降には、その他の地域での展開を予定しているという。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« Intel Developer Forum Fall 2008 開催 | トップページ | ゲームソフト「SPORE」発売記念イベント開催 »