« ソニーがボードPC注力を宣言 | トップページ | 日本の科学技術の殿堂が誕生 »

2008年10月25日 (土)

iiyama(イイヤマ)をマウスコンピューターが吸収合併

2008年10月1日、BTOパソコンの製造を手がけるマウスコンピューターとパソコン用ディスプレイなどで知られるiiyama(イイヤマ)が合併した。存続会社はマウスコンピューターで、同社による吸収合併となる。

iiyama(イイヤマ)は2005年に経営破綻し、マウスコンピューターの親会社であるMCJが支援。2007年3月に黒字転換した。

合併の理由としてiiyama(イイヤマ)は、国内のディスプレイ市場が縮小傾向にあること、事業体制をより強固なものとすることなどをあげた。

合併により、iiyama(イイヤマ)の長野県・飯山事業所がマウスコンピューター製パソコンの製造・修理拠点となる。製品は引き続きiiyama(イイヤマ)ブランドで展開していくという。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« ソニーがボードPC注力を宣言 | トップページ | 日本の科学技術の殿堂が誕生 »