« ブラウザソフトIE7の自動更新が開始 | トップページ | パソコン用デジタル放送チューナー解禁 »

2008年3月23日 (日)

iPhoneが大幅に進化

2008年3月6日(アメリカ時間)、アップルコンピュータ社は、アメリカで開催されたiPhoneソフトウェア・ロードマップ・プレスカンファレンスで、携帯電話端末iPhoneにおける今後のソフトウェア展開を明らかにしました。

内蔵ソフトが2.0にアップデートされ、主にエンタープライズ向け機能の強化とサードパーティーアプリケーションへの対応が実現される予定。

エンタープライズ向け機能としては、プッシュメール、カレンダー、マイクロソフト社のExchangeなどに対応するという。

サードパーティーに対しては、ソフトウェア開発キットが提供される。開発、登録されたアプリケーションを利用者が簡単に検索してiPhoneにインストールできる「App Store」の公開も予定されています。

提供時期は、エンタープライズ向けプログラムは2008年3月6日から開始。一般向けは2008年6月末の予定で、iPhone向けは無償、iPod touchは有償になる見込みとのこと。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« ブラウザソフトIE7の自動更新が開始 | トップページ | パソコン用デジタル放送チューナー解禁 »