« 「Pentium」ブランドが復活 | トップページ | アップル社、ついに「iPhone(アイフォン)」を発売! »

2007年7月 2日 (月)

圧縮・解凍ソフト「+Lhaca(ラカ)」に感染するウイルスに注意!

シマンテック社によると、2007年6月24日、圧縮・解凍ソフト「+Lhaca(ラカ)」に感染するウイルス「Trojan.Lhdropper」が発見されたことを発表しました。

危険度は低いものの、「+Lhaca(ラカ)」はドラッグ&ドロップという簡単な操作で圧縮・解凍が行えるフリーウェアソフト(無料配布しているソフト)で、パソコン雑誌の付録CDやDVDにも収録されており、一般的に広く普及しているため、利用者数が多いと推定されるため注意が必要です。

Trojan.Lhdropper は、lzhアーカイブファイル自体に潜んで、感染したアーカイブを誤って解凍すると、利用中のコンピューターがバックドア(不正侵入を行なうための裏口)を開かれるなどの危害を受けます。

このlzhアーカイブの中には、ワープロソフト「一太郎」形式の無害なファイルが含まれており、一見、安全なファイルに見えますが、危険なファイルと分からないよう偽装しているものなので細心の注意が必要です。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« 「Pentium」ブランドが復活 | トップページ | アップル社、ついに「iPhone(アイフォン)」を発売! »