« 自然落下センサー搭載のHDD(ハードディスク)が登場 | トップページ | 携帯電話のパケット通信に関する相談が増加 »

2007年5月 7日 (月)

iPodの累計販売台数が1億を突破

2007年4月9日、アップルコンピュータ社は、携帯音楽プレーヤーの代名詞とも言える「iPod (アイポッド)」の累計販売台数が1億台を突破したことを発表しました。

2001年11月発売された初代の「iPod (アイポッド)」にはじまったこの記録は、音楽プレーヤーとしては史上最速の記録とのこと。

同社CEO( Chief Executive Officer = 最高経営責任者 )のスティーブ・ジョブズ氏は、「多くの人々が再び音楽に情熱を傾けるきっかけになれて嬉しい」とのコメントをしている。

余談ですが、当サイト管理人は、初代と第三世代のHDD(ハードディスク)タイプの「iPod (アイポッド)」を持っていますが、初代の「iPod (アイポッド)」を、胸ポケットに入れていて、冬場にすべって転びそうになり、誤って、アスファルトに落として……そして、コロコロコロリン……と、ドブに落としてしまい、慌てて、拾い上げましたが、液晶が一瞬、パッ! と発光したかと思ったら……無反応になってしまったことがあります。

勢いよくアスファルトに落としたにもかかわらず、さすが強化プラスチック! まったく壊れてませんでした。その日、無反応になった「iPod (アイポッド)」を、まさか……とは思いつつ、生きかえるのでは……と願いつつ、ファンヒーターの近くで乾かして、その後に充電したら、なんと、「iPod (アイポッド)」が奇跡の生還! さすが、アメリカン仕様! などと、ひとり感動してました。その後、約1年ちょっと使えました。

ちなみに、「iPod (アイポッド)」のボディをピカピカにしている、あの磨く技術が、新潟の小林研業という町工場で、熟練の職人がステンレスの研磨をしていることを、たまたまテレビで見たことがあって、これまた、へぇー! ……なんて思っちゃいました。あの小さなボディーの曲線を研磨する技術は、世界中を探しても、日本の職人さんじゃないとできないらしいです。もともと「iPod (アイポッド)」の特集番組ではなく、世界に誇れる日本の職人のワザ……みたいな番組だったように記憶しています。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« 自然落下センサー搭載のHDD(ハードディスク)が登場 | トップページ | 携帯電話のパケット通信に関する相談が増加 »