« 「フォトショップ」がWebツール化の動き | トップページ | アップル社、過去最高の業績 »

2007年3月16日 (金)

アップル社のスティーブ・ジョブス氏、DRM廃止を提言

2007年2月6日、アップル社のスティーブ・ジョブス氏が、「DRM(デジタル著作権管理)を廃止すべきである」との公開書簡を発表し、賛否両論の大きな波紋をよんでいる。

DRM(デジタル著作権管理)は、著作権を保護する技術で、例えば、iTunes Store で販売されている楽曲なら、アップル社独自の「FairPlay」というDRMが採用されており、iPod以外のプレーヤーでは再生できない仕組みになっている。

他メーカーも同様で、ソニーは「OpenMG」、マイクロソフト社は「Windows Media DRM」という仕組みを採用している。

スティーブ・ジョブス氏によれば、「消費者の利便性を考えれば、どオンラインストアで購入しても、どのプレーヤーでも再生できるのがベストであることは明らかだ」と語っている。
<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« 「フォトショップ」がWebツール化の動き | トップページ | アップル社、過去最高の業績 »