« Vector(ベクター)公開のソフト3,956本がウイルス感染していた | トップページ | 総務省と経済産業省がボット対策推進サイトを開設 »

2006年11月 6日 (月)

Pentium D 805 生産中止

インテル社は、Pentium D 805 (2.66GHz) の生産を中止すると発表した。

低価格デュアル・コアCPUとして2006年に投入された同CPUは、手ごろな価格帯のパソコンに搭載されていたため自作市場でも非常に人気があった。

しかし、同社が Core 2 Duo を投入するなどデュアル・コアCPUのラインナップを強化したことにより、各パソコンメーカーが採用するCPUが Core 2 Duo などの主力製品に移行したため、Pentium D 805 の役割が終了したと判断し、今回の決断となったようだ。

尚、同CPUは、2007年2月9日までは受注するとのことです。
<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« Vector(ベクター)公開のソフト3,956本がウイルス感染していた | トップページ | 総務省と経済産業省がボット対策推進サイトを開設 »