« シマンテック社、2006年秋以降に新セキュリティサービスを提供 | トップページ | Internet Explorer 7 ベータ2一般公開 »

2006年3月 1日 (水)

PSE法規定の変更を求める電子署名活動が活発化

2月18日、日本シンセサイザー・プログラマー協会は、電気用品安全法(PSE法)規定の変更を求める電子署名活動をWebサイトで開始した。2月23日時点で3万5020名の署名が集まったという。

PSE法は、家電品などに安全確認済みマーク(PSEマーク)をつけて製造・販売するよう義務付けた法律で、2001年4月から試行されている。冷蔵庫、エアコン、オーディオプレーヤー、電子楽器など450品目におよび、試行以前に製造されたPSEマークのない製品は、今年(2006年)の4月より、リサイクルショップはもとより、ネットオークションでの販売も禁止される。

先日、TBS「噂の!東京マガジン」でも「PSE法」のことがとりあげられていましたが、国民の大半が知らなかった法律で、各業界への通達もまったくなく、PSE法の認知度が異常に低く、しかしながら、PSEマークのない製品は、4月より、リサイクルショップはもとより、ネットオークションでの販売も禁止されるため、問題があるのではないか……ということが議論されていました。

音楽の分野では、ビンテージものの銘品アンプなどもあるため、同協会は「音楽と芸術文化の発展に大きな支障をきたす」と声明を発表し、ミュージシャンの坂本龍一さんや高中正義さんなども賛同している。

尚、「パソコン、プリンタなどの周辺機器、電話機、FAX、無線など通信機器」などはPSE法の対象外電気製品になるので安心してください。

<<New Lalalalandメインページに戻る>>

« シマンテック社、2006年秋以降に新セキュリティサービスを提供 | トップページ | Internet Explorer 7 ベータ2一般公開 »